貧困層にこそ積極的に受けさせたい幼児教育の重要性

生涯にわたる学習能力ややる気などは、就学前の幼児教育に大きく影響されます。それはIQを上げるためではなく、学習し続けたいという意欲や忍耐力、向上心などの基礎を身に付けさせるためです。昨今は学習能力にも貧富の差が大きく反映され、特に義務教育の段階での教育の質が重要だと思われがちですが、実はそれ以前の幼児の段階で、学習の基礎は培われてしまいます。そのために、貧困層の就学前の幼児教育が重要視されます。しかし貧困層の家庭環境を見る限り、余裕をもって取り組む姿勢を示せる家庭が少ないことと、それ自体に関心がない家庭が多いことが問題です。幼児教育は就学後の塾に比べると予算もかからず、しかも効率よく子供の身に付くために、理想的な教育法なのですが、なかなか取り入れられない現状があります。もっと重要性を考えなければいけません。

幼児教育の必要性と方法論

幼児教育の必要性はいうまでもありません。三つ子の魂百までものことわざがあるように、子供の頃に受けた教育とか訓練というのはその後のその人の人生に大きくかつ長期間に渡って影響してきます。それだけに間違ったことを親もしてはいけないので中身の検討は十分必要です。その範囲は非常に広範囲にわたります。今オンラインで児童に英会話などを習わすことや専門の塾での訓練などもありますが、どうも効果に首をかしげます。今最も必要なことはそういう知識偏重の教育でなくて、むしろ情操教育なのではないでしょうか。例えば音楽に触れさせるとか、本を読む癖を付けさせるとか、そういうのが本当の幼児教育だと考えます。そういう本能に訴える教育こそが、幼児が大人になっていくプロセスで段々と活きてくる教育だと。特に本を読む習慣を幼児期に身に付けさせると、本人に自我が芽生えてくると自然と多くの本を手に取るようになります。そうなると後は放置しておいても子供はどんどん本から必要な知識を吸収して成長していきます。これが幼児教育の本質だと考えます。

最近の幼児教育について

幼児教室には、様々な教育方針の教室があります。小学校受験専門の教室もありますが、最近ではそういう所は少なくなっていて、幼稚園入園前のプレ教室としてや、小学校入学に向けての予行練習的目的としての教室も多くなっています。こういった教室の場合は、幼稚園入園前だと集団生活に慣れるための物だったり、小学校入学前の勉強の習慣を付けるための物だったりします。費用は、教室によって大きく異なります。小学校受験のための教室は、高額の月謝になっている教室が多い傾向があります。また、こういった小学校受験のための教室は、受験の際の面接の練習などもあるため、親の面接練習などもあります。他にも礼儀作法についてなども厳しい指導があります。ですので、通う際は見学や体験教室などに行く事をおススメします。自分の教育方針に合う幼児教育をしている教室を探す事が大切です。

多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 幼児教育を受けるなら歴史と伝統の伸芽会へ